米国内 長距離(州間)引越に関して 

長距離引越し

お持ちになる品物がすべて引越し用の箱に入る場合(大型の家具等がない場合)、       NYから全米各地まで5-7日間(ビジネスデー)ハワイの場合は8-9日間でお届けいたします。

特にハワイ、西海岸等に引越しをされる場合、お手持ちの家具がご新居に雰囲気的にマッチしないことも考えられます。出発地で家具を処分され箱物ばかりのお引越しで浮いた費用をご新居用の新しい家具購入にまわされることも一考に価します。

大型家具も含む一般的な長距離引越しは                                                                                          チャータートラック便ご利用    も しくは混載便をご利用のふたつのパターンに分けられます。
チャーター便はお客様専用のトラックでお引越し先に直行いたします。            お時間のセーブにはもってこいの方法ですが少しコスト高になります。            NYエリアからウェストコーストまで4-5日の行程でご配達いたします。
混載便の場合は NYエリアでの集荷後 8日から15日でのご配達となります。

長距離引越しの場合はパッケージに通し番号をつけ梱包明細書を作成いたします。
梱包明細書のコピーはお客様に差し上げます。

 

お選びいただく引越しサービスのプランとして             小物の梱包の取り扱いによって次のように分けられます。

小物の梱包及び集荷からご配達まですべてをお任せいただくサービス、

小物の梱包だけは全量お客様にやっていただき、あとはすべて弊社にて行うサービス、

同様に食器割れ物の梱包だけは弊社、ほかの小物の梱包はお客様 あとの移動配達は全部弊社に お任せいただくサービス、

その他にも                                       ご住居のクロージングや改装 その他のご事情のためお荷物をお引取りいたした後 一旦保管をいたし後日改めて配達をするサービス、

ご自分でレンタルトラックを借りて引越しをする。もちろんお手伝いをさせていただきます。

お車(自家用車)のご配達もお受けいたします。

プラント、ペットはお受けできません。

まだまだ多様なパターンがありますが すべてのご事情に合わせたお引越しプランをご提供させていただきます。

 

家具の取り扱い                                     家具は原則ムービングパッド(毛布のようなもの)にて梱包をいたした状態で移動をいたします。移動前に分解が必要な家具は分解いたし移動後に再び組み立てをいたします。         ご新居の各部屋の家具の配置等は必ず事前に御検討ください。

梱包明細書                                       長距離引っ越しではパッケージに通し番号をつけ梱包明細書を作成いたします。梱包明細書の控えはお客様に差し上げます。

作業上の注意                                      現在のお住まい、ご新居とも屋内では原則的に靴を脱いでの作業をいたします。但しピアノ等の重量物移動時には作業員の危険防止のために靴を履かせていただくことがありますのでご了解ください。

お住まいの入り口前後に床養生の為のゴムパッドを敷かせていただきます。作業開始以前に建物内部の簡単な目視検査をお客様お立会いの下にさせていただきます。ご協力をお願い申し上げます。

オプショナルなサービスといたし
お引越しの品物に掛ける保険/ 小物の梱包のお手伝い / ご配達後の開梱のお手伝い /ハウスクリーニング/お荷物の一時お預かり/譲渡または販売された家具のご近所への配達 等があります。   詳しくは見積もり担当者からご説明をさせていただきます。

一般的に                                        お引越しは身の回りのお荷物を整理される最高のチャンスです。
ご新居を想像されて 不必要なものはこの際処分。。。お引越しの第一段階は 不用品の処分です。

今、他州へのお引越しをお考えの皆様                           まずこのウェブサイトの「お問合せ」のページに入っていただき 必要項目にご記入のうえ「SEND」を押してください。折り返し 富永よりご連絡を差し上げます。          または お電話(917-841-5018)または Eメ-ル(Flying_Elephant@msn.com)にて富永までお問い合わせください。                                  見積もり下見の手順は“お見積もり下見に関し”をお読みください。              

”一般的な引越し業務進行のご説明”も併せてお読み願います。